緊急告知!新型コロナ ワクチンがいよいよ現実化に

コロナを日本が変わるきっかけに!
ジャパンミッションツアー
100名限定のプレミアムZOOM講演会です‼

コロナ第3波 そして…ワクチンの強制接種?

コロナ第3波で世間を騒がせています
また最近、コロナの状況について話題になっていますが、
同時に、コロナウイルスに対するワクチンの接種についても注目されてきています。

あなたは、ワクチンを打ちたいですか?
あなたのお子さまに打たせたいですか?

私たちは、コロナワクチンの接種は完全に自由に選択できるようにしたい、と考えています。

コロナワクチンは開発期間がとても短いにも関わらず、早急に接種させよう、という動きがあります。
(例えば、日本製薬工業協会から「ワクチンの早期実現・安定的な予防接種体制実現に向けて」という提言がなされている。)

しかし、政府の審議会においては、まだその安全性は不明とされています。(以下参照ください。)

【 厚労省審議会資料 ~第17回予防接種・ワクチン分科会ー資料3より抜粋 】

にもかかわらず…

ワクチン接種に向けて、着々と計画が進んでいます。
開発が終わり次第、早々に提供されるものと思われます。

摂取したい人にとっては、ワクチンが出回ることは、朗報かもしれません。

でも、接種したくない人は、選択する権利を声に出していかないと、このままだと同調圧力によって、やむ無く接種させられてしまいます。

基礎疾患を持たない健康状態の人にとって、特に、お子さまにとっては、効果、影響もよく分かっていないワクチンを接種するメリットよりも、副作用などによるデメリットの方が大きいのではないでしょうか?

しかも、製薬メーカの責任は免除されます。
代わりに国が責任をもつことになっていますが、本当に信用していいのでしょうか…?
また、「接種は個人の判断」とされています。

ワクチンの効果も影響もよく分からないけど、自己責任だよ、ということです。

引用: Yahoo!ニュースより。
引用: 日経ニュースより

ただ…
個人の選択とは言っていますが、実際には「あなたも接種しなさい」という同調圧力が かかると思われます。

マスク着用の半強制の圧力と同じことになるでしょう。
マスク着用は法令義務でもなんでもない、にも関わらず、あらゆるところで着用の条件が付いていたり、国民同士が互いに監視しあうような風潮になっています。
政府、国がマスコミを利用して、そのように仕向けています。

ワクチンも同様に強制圧力がかかると考えておいた方がよいでしょう。
政府、国はずるいのです。
自分たちは責任を取らなくても良いように、「強制ではない」としておきながら、毎回のようにマスコミを利用して、半強制の風潮を作り上げていくのです。
会社や学校もまた、行政から目を付けられたくないし、めんどうくさいので、社員/父母・生徒に対して一律、ワクチン接種を要求してくるでしょう。

「ワクチンを打たないのなら、会社/学校に来ないでください」と。

そして、周囲から白い目で見られるのです。

海外製薬メーカのワクチンを積極的に取り入れようとしている日本。
日本人が実験台としての役割を負わされるのではないか、と心配です。

このようなワクチン接種の圧力に対して、私たちはどう対応していけばよいのか? 講演会の中でお話していきます。

「食」の問題も同じ

さらに、
「食」の安全性に関しても、似たような傾向が見られます。

よく知られているところでは、遺伝子組み換え(GM)のとうもろこし、大豆などが大量に日本に輸入されています。
特に分かりづらいのは、家畜のエサとして遺伝子組み換え作物が与えられている場合で、どこにも成分表示されないので、知らない間に私たちは、食肉を通してGMを摂取していることになります。

引用: 農水省HP資料より

すでに欧米では、遺伝子組み換え食品が忌避されているので、彼らが買わずに売れ残ったものが結局、日本に押し付けられているという状態です。
白人が食べないものは日本人に売ってしまえ、ということなのでしょう。

日本政府もまた、日本の工業製品を買ってもらうために、安全かどうか分からない食材を輸入するはめに…。

しかも、企業は、遺伝子組み換え表示が不要となる法令の抜け道(法令の例外や除外の条件)を利用して、私たちに知らせないようにしているところが問題だと思います。

スーパーでの買い物や外食店での飲食の際に「遺伝子組み換え」の文字を見たことがありますか?
大量に出回っているはずの遺伝子組み換え食材がまったく目に入って来ないのです。

私たちは、この食品表示、成分表示が適切になされるように行政に働きかけ、改善されるよう活動しています。

私たちが安全安心な食品を選択するようになると、おのずと国や企業もまた変わらざるを得なくなります。

今、遺伝子組み換え食品を例に挙げましたが、それ以外にも、農薬/化学肥料を大量に使って栽培された穀物や野菜、多種多様な人工添加物まみれの食品など。課題はまだまだあります。

そうした質の悪いものが学校給食で普通に、子供たちに提供されている実態に私たちは胸を痛めています…。

今回の講演会においては、食に関わる実態について、さらには、「食育」についてもお話する予定です。
こうした現状において、私たちが今できることをご紹介していきたいと思います。

未来は決して暗いものではなく、明るいものに変えていけます!
私たちの手で変えていけます。

少しでも気になったら、ぜひ参加してみてくださいね!

オンラインZOOM配信 限定100名!!
チケット 高校生以上 3,000円

【お申し込みはこちら】

ZOOMライブ参加で世界の動きの最新情報をゲット!

新型コロナウィルスによる市民生活が不安定な中、
私たちが自分たちの手で 日本を変えていく方法があります。
臨場感あふれるライブ配信、その場でモヤモヤが解決できる
質疑応答参加ができるのは当日の ZOOMライブだけ!

今回は、そのお時間にオンタイムでzoomできる方
100名のみの募集となります。
ジャパンミッションツアーでは、市民が動くことで
日本を変えるやり方を伝えていきます。

【ジャパンミッションツアーONLINE タイムスケジュール】
9:00〜 9:05  イントロダクション
9:05〜 9:55  講師 平山秀善氏による講演
9:55〜10:00  休憩
10:00〜10:50 講師 佐々木浩一氏による講演
10:50〜11:20 質疑応答
11:20〜11:30 クロージング

◆オンラインイベントに参加する方法
ジャパンミッションツアーは、ZOOMにて開催されます。
オンラインイベントのチケットを申し込み後、
イベント視聴ページにアクセスできるようになります。
パソコンおよびスマートフォンへZOOMのアプリをダウンロードしておいてください。
※PCから参加したい方
 https://zoom.us/download
※スマートフォンから参加したい方
 Zoomアプリをダウンロードしインストールする場合は、
 各種アプリストアでZoomアプリを探して、ダウンロードします。
 スマートフォンにインストールできれば、Zoomを利用できるようになります。

【お申し込みはこちら】

【講師】